本文へスキップ

和泉の国JAZZストリート・公式ホームページ

Www.Izumi-Jazz.jp

長谷川きよし LIVE(有料公演)●オープニングゲスト「臼井優子&西成ジャズ」

SERVICE&PRODUCTS

 9月23日(日)場所:和泉市「弥生の風ホール」開演:14時30分(予定) 


○○○○○○○○イメージ

「長谷川きよし」

本  名 長谷川清志
出 身 地 日本・東京
生年月日 1949年7月13日



長谷川きよし(オフィシャル サイト)
http://www.kiyoshi-hasegawa.net/

1969年

「別れのサンバ」でデビュー。発売直後はあまり反響のなかった曲ではあったが、深夜放送で流れるようになると、フォーク世代の若者から支持され、大ヒットとなった。デビュー当時からサンバやボサノヴァといったブラジル音楽を取り入れた作風を得意としている事も特徴である

超絶的なギター演奏と、透明度の高い声によるバラードで人気を博す。盲目である事やギタリストである事などの共通点から日本のホセ・フェリシアーノと評されていた。

アルバム

  • 人生という名の旅 (2012年10月14日)
  • 中山千夏・長谷川きよし ジョイント・ライブ・コンサート 7月13日に生まれて(2016年7月13日)ライブアルバム
長谷川きよし(オフィシャル サイト)
http://www.kiyoshi-hasegawa.net/


オープニング・ゲスト

 「臼井優子&西成ジャズ」


○○○○○○○○イメージ

「臼井優子(Vo)」

「西成ジャズ」

服部利一(TS)
志水愛 (Pf)
廣田昌世(B)
松田順司(Dr



臼井優子(オフィシャル サイト)
http://yuko-usui.com/

BIOGRAPHY

音楽一家に育った彼女はピアノ教師の母親に習い、3歳からクラシックピアノを始めた。その後、大阪音楽大学に入学しピアノを専攻。大学在学中にジャズに触発される。卒業後、ジャズに目覚めた彼女はジャズシンガーとしての活動を始め、ジャズの老舗「ロイヤルホース」のヴォーカルオーディションに入賞。

ほどなく、米国ニューヨークへ移住。本場の音楽や生活に触れたことで、ヴォーカリストとして大きく成長を遂げる。

帰国後は、ゴスペル、ソウル、ロック、オリジナルなど、ジャズにとどまらない様々な音楽を経験。さらに表現の可能性を広げることとなった。様々なジャズクラブでの演奏を重ねながら、多くのオーディエンスやミュージシャンの支持を得た。そのダイナミックで人間味溢れる歌声で、精力的なライブ活動を続けている。フィリップ・ストレンジ氏にジャズ理論を師事。牧野美佐氏にヴォイストレーニングを師事。さらなる音楽性の向上に努めている。自らもトレーナーとして後進の育成に努めている。

そして、ファーストアルバムとなる「summer me」を2011年1月~2月に関西を代表するミュージシャン達と録音。2011年12月に発表。「summer me」は、ジャズスタンダードのみならず、The Allman brothers bandの曲や、ファーストアルバムでも共演しているフィリップ・ストレンジ氏のオリジナル曲など、バラエティに富んだ選曲で、彼女の型におさまらない魅力をあますところなく表現している。



バナースペース

   2018 和泉の国
ジャズストリート実行委員会

 090-8537-6906(金児)

 ボランティアスタッフ
募集中!!
 090-8537-6906(金児)

2017和泉の国ジャズストリート実行委員会

サブナビゲーシ

本文へスキップ